失敗を恐れるのは人間の本能

 

失敗を恐れることは何も悪い事ではありません。

 

むしろそういう機能(失敗を恐れる機能)が人間に備わっているからこそ、ここまで無事に生きてこれているのです。

 

もし、その機能が備わっていなかったら、極端な話、今頃はここには存在していなかったかもしれません。

 

人は成長しながら想像力を駆使して、あらゆる経験から物事を理解するようになります。

 

大きくなってくると、経験していない事でも想像できるレベルにまでなります。

 

ですから、失敗を恐れるという事は、ちゃんと成長出来ている証拠なんです。

 

誰だって、無駄な失敗はしたくありませんし、傷つきたくはありません。

 

やるからには成功したいと思うのは当然の心理です。

 

しかし、恐れるという事は、先に進もうとする意志の表れですから、ここが大きなターニングポイントになる可能性が高いです。

 

では、失敗を恐れるその心の動きはどうなっているのでしょう。

 

 失敗を作り出そうとする心

 

ある行動をすることで先にある結果が失敗すると見えてしまっているから恐れているのではないでしょうか?

 

そもそも、成功するとは思っておらず、失敗による不利益に強い思いを込めているので「引き寄せの法則」から見るならば、かなりの確率で失敗を引き寄せ、更に、その失敗によって自分を責めてしまう事も合わせてしまうと、もうその行動は出来なくなります。

 

ここまで見ると、すべて自分がその決断を招いていることがうかがえます。

 

他人の事ならともかく、自分の事なのに自分で自分の足を引っ張っているのはいたたまれません。

 

「そんな自分が嫌だ・・・」

 

 どういう人間になりたいのか

 

ならばどういう人間なら自分は自分を認められるのでしょう?

 

失敗を恐れず、どんどんチャレンジしてそこから学び取り、大きく成長する人。

 

おどおどせず、自分に自信を持って行動できる人。

 

見切り発車でも人目を気にしない人。

 

憧れますよね〜。私もとても憧れます。そんな人は頼りになりますし、自然と人が寄ってきます。

 

では、どうやったらそういう人になれるのか、もしくは近づくことができるのか?

 

 失敗を恐れないようにするには

 

 

失敗,怖い,恐れる,解決,方法「成功したときのイメージを強く持ち、失敗にフォーカスしない事」

 

例えば、ギャンブルに興じている方々を見ると、わざわざ負ける勝負をしに足を運ぶ人は一人もいません。彼らは勝つとだけ思い込み、負けたらどうしようとは思っていないからギャンブルに足を運ぶのです。人生はギャンブルだと思い込むことも一つの解決法かもしれませんが、相当強い心の持ち主、あるいは思い込みの激しい人でないと厳しいような気がします。

 

失敗,怖い,恐れる,解決,方法「行動そのものだけに集中する。先は見ない」

 

失敗は、行動の結果です。行動しなければ失敗はしません。

 

なので、その行動の事だけを考えて進むというものです。

 

とりあえず先に進みたい場合はこれがいい解決方法かもしれません。ただ結果はあとからついてくるので、万が一、失敗したときには自分を責めたり、傷ついたりする場合があります。精神が弱っている状態では、最悪、立ち直れない事になりかねないので注意が必要です。

 

失敗,怖い,恐れる,解決,方法「失敗になりそうなの芽を摘む」

 

あらかじめ予想される失敗に対して、できうる限りの準備をしておく(リスク管理)。それは予備知識だったり、人を頼る(協力してもらう)事だったり、とにかく失敗の正体を出来るだけ明らかにして予防策を打つことで、恐怖の対象から徐々に外していくというものです。

 

少し準備に手間取るかもしれませんが、かなり有効な手段であると思います。

 

またギャンブルの話になりますが、景気のいい人(勝ちが多い人)は、運ももちろんあるでしょうが、事前情報や過去のデータ分析、人の動きなどを総合的に判断して勝率を上げています。たかがギャンブルですが、実は数学的にとても奥が深いジャンルでもあります。そこがはまってしまう理由なんでしょうけど・・・。

 

【番外編】大勢で立ち向かう

 

可能であれば、誰かを巻き込んでしまいましょう。そうすれば受けるダメージも分散できますし、仲間意識から慰めあう事もあり、立ち直りも早いです。正直、これが一番かもしれませんが、状況にもよるでしょうから、番外編としました。

 

 失敗から学ぶ

 

ただ失敗するのでは時間と労力の無駄です。

 

私たちはそんなに暇ではありません。

 

行動の先の「成功」と「失敗」の確率は二分の一ですが、割合を変えることは完全消去は難しくても、努力次第でどうにでも変えられます。

 

こうすれば失敗しないのではないかという仮説を立て、行動し検証することで、新たな気づきを得て次に生かす。これが学びです。

 

せっかく失敗するのなら、たたで失敗してはもったいないと思いませんか?

 

自分を失敗に投資するんですから、ちゃんとリターン(利益)をもらいましょう。

 

自分を安売りしてはいけません。

 

あるいは、「この行動は失敗で得る経験に値するものなのか否か」を事前に判断し、価値がないと判断するなら、潔く撤退するのが賢明です。

 

時間と労力の節約にもなります。

 

 最後に

 

いずれにしても、すべては失敗を恐れる前に、その行動(問題)に対してどう行動(事前行動)を起こすかが最大のポイントです。

 

「失敗は行動の結果である」

 

何度も言うようですが、行動しなければ失敗はしません。ですが、この世に生まれてきたこと自体が行動といえるのではないでしょうか?

 

「この世に生まれたい」という行動を起こせたあなたに、この世でそれ以上の行動が存在するのでしょうか?

 

なんか宗教染みてしまいましたが、それ以上の行動はないと私は強く思います。

 

一緒に失敗を恐れない人間になりましょう。大丈夫。私も失敗は怖いですから。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

ここで書いてあることが、少しでもお役に立てたり、ヒントになってくれれば幸いです。

 

本日も、あなたの貴重なお時間(資産)をこのブログに投資して頂き、感謝致します。

 

ありがとうございました。

 

この記事があなたのお役に立ちましたらクリックをお願いします

40歳代ランキング