気持ちを切り替えて取り組む為に試したい方法とは?

「今日は気が乗らない・・・」そんな日もあります。

 

やらなければいけないのに、身体が重くて、気分が重くて・・・など、人間誰しもが抱く感情であり、厄介な部分でもあります。

 

そんな時は、皆さんはどうしていますか?

 

私も、このブログを始めて3週間過ぎましたが、「デイリー活動報告」で確認していただければわかる通り、作業実績がない日もあります。

 

私の場合は、個人で淡々とブログをやっているため、やろうが、休もうが、自己責任であり、せっかく手に入れたチャンスを逃してしまうだけで、本業があるため、辞めても生活に影響はありません。

 

ですが、やはり目指すものがある以上は、個人でやっているとはいえ、そこは仕事として割り切ってやるしかないと思っています。

 

しかし、このブログを書くという仕事は、会社員のように与えられた仕事ではなく、指示もない、すべてを自分で管理しなくてはならないので、孤独な作業であり、また張り合いの持てない作業でもあります。

 

そんな時に、私が実践していることは、

 

「他から、そのモチベーションを持ってくる」

 

という事です。

 

どういうことかというと、考えなくてもできる簡単な作業をするのです。

 

例えば

 

部屋の掃除、身の回りの整理整頓、食器洗い、洗濯、買い物などです。

 

それを通常の速度の1.5倍から2倍の速さでこなしてみます。

 

すると、いつも以上の速さに合わせて、頭も回転するようになってくるので勢いが付きます。

 

その勢いで、作業を終えてそのまま仕事に移ってみるのです。

 

これが「他から、そのモチベーションを持ってくる」という事です。

 

特に、身の回りの整理整頓は、とても効果があると感じています。

 

ただ、見た目を良くしたり、断捨離をすることですっきりした気持ちになることはもちろんですが、仲間分けをして片づけることを意識するとなお良いです。

 

それは、頭の良い人が「いかに楽をして作業をするかを常に考えている」ことを参考にし、いかに最小限の動きで欲しいものが準備できるかとか、仕事や優先順位の高いものをそばに準備したりする事を考えて配置することで、効率も上がり、頭の準備運動にもなります。

 

それから、掃除も、部屋の汚れを、自分の日々の汚れを落とす気持ちですると、なぜか心まですっきりします。

 

他にも

 

「散歩してみる」

 

これはもう言うまでもありませんが、歩くことで新陳代謝が活発になり、第二の脳といわれる足を刺激して、脳みそへ血液の循環を促すことで、モティベーションを上げるという事です。

 

あと、散歩して景色を楽しむことで、リラックスしていいアイデアが浮かんだりするメリットもあります。

 

「瞑想する」「好きな事をする」「寝る」「運動する」「マッサージに行く」など様々な事が、やる気を出すうえで有効な方法として考えられます。

 

実は、この記事の最大の山場はここからです。

 

ここまでは、他のどの自己啓発書やネット検索でも出てきそうな内容でしたが、私の場合はここからがスタートです。

 

どうするかというと、

 

まず、自分が気持ちを切り替えるためにできそうな事柄をいくつかあげます。

 

(私の場合は、散歩、整理整頓、掃除を上げてみることにします)

 

次に、その事柄に対して、すべて合わせて100とした場合、どの程度の割合でその行為に対して心が動くかという事を確かめます。

 

(私の場合ですと、整理整頓に40%、掃除に40%、散歩に20%といった具合です。仮に、数字がかぶってしまった場合には、そのかぶった項目同士で比較して優劣をつけます。なので整理整頓に30%、掃除に50%、散歩に20%といった具合に修正しました)

 

すると、まず掃除をしてみようという事になります。

 

それは心の中に占めるウエイトが一番高いからであり、それをすれば50%、つまり半分は心が満たされるという事になるからです。

 

そして、次なる整理整頓もするのかどうかは、その時の自分の心の具合を探って判断します。

 

整理整頓までしなくても、やる気が出てくれば、あえてする必要はありません。

 

出てこなければ、とりあえずやってみます。

 

そうしてやる気を出させていくのですが、やってみたけどどうしてもやる気が出ない時は、すっぱり諦めましょう。

 

ここで注意したいことは、諦めた自分を責めない事です。

 

仕事は諦めても、その準備段階が出来ているんですから大したものなのです。

 

自分の真の理解者は自分自身です。

 

少しでも、前向きになれるように動いてくれた自分に感謝して、休ませることも大事です。

 

私は父親譲りのため込みやすい体質のようです。

 

過去に、何でもかんでも自分に押し付けて、無理強いした結果患った自分の病のこともありますし、父親が引退した後の、約40年間に及ぶ勤務の忍耐からの崩壊した姿に、目の前の私たち家族がかけられる言葉が見つからなかった事もありました。(今の父は身体の衰えからか、時間が経過したからか、幾分落ち着いては来ましたが・・・)

 

こんな血を引き継いだ自分であるからこそ、日々自分を探りながらトライアンドエラーを繰り返して、自分を理解し、客観的に自分をコントロールすることが大事であると強く思っています。

 

とにかく、いまの自分をありのまま受け入れていくのです。

 

過去に、自己啓発本でこの「いまの自分をありのまま受け入れる」という言葉を読んだときには、それが、いったいどういう事であるかがわからず、ネット検索してあれこれ彷徨って、答えが見つからず、もやもやしていた時期がありました。

 

でも、今は、なんとなくではありますが、受け入れるという事が少しづつ出来始めているような感覚があります。

 

自分に甘くするのではなく、外の自分と内の自分の妥協点を探る感じといえば分かりやすいかと思います。

 

ただ、ここまでの話は、このブログの柱の考え方の一つでもあります「健康」があってこその話になります。

 

1に健康を維持し
2に知識を蓄え
3にマインドを操る

 

私はこれが今の自分を支えている要因であると確信しています。

 

どれも大事な要素ではありますが、優先順位はこの上記のとおりです。

 

これからも、見切り発車でトライアンドエラーを繰り返しながら、目指す目標に到達できるように、作業を粛々と進めていきたいと思います。

 

本日も、あなたの貴重なお時間をこのブログに費やして頂き、感謝致します。

 

ありがとうございました。

 

この記事があなたのお役に立ちましたらクリックをお願いします

マインドマップランキング