お金に関する書籍

「経済のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ」

テレビでおなじみ池上彰さんの書かれた本です。

 

お買い物、投資、クレジットカード、銀行、保険会社、消費者金融、経済の仕組みなどの概要が書かれた書籍です。私的にはお金のことを学ぶならこの本から入ってみるのが良いと感じました。お金の入門書といったところでしょうか。

 

銀行の役割や、付き合い方、使い方について新たな知識を得られた
セーフティーネットの存在と役割が分かった
保険会社の役割について新たな知識を得ることができた

 

もちろん、読む人によってお金の知識のレベルは様々ですから一概には言えませんが、私を含めお金のことを勉強したりしてこなかった人には、新たな知識を得られると思います。ここで興味があった分野があれば、それに関する書籍を読んでみるのもいいかもしれません。※右画像は電子書籍になります

 

金持ち父さん 貧乏父さん

ロバート・キヨサキさんの著書です。

 

この本は280ページと長くはありますが、とにかく内容が濃くて、お金に関するバイブル本といってもいいくらい超おすすめの本です。
貧乏父さんのもとに生まれた主人公があるとき、友達の金持ち父さんに出会い、お金に関する考え方を根本から変える体験を通して、自らも金持ちになっていく軌跡を随所に紹介しています。
とにかく一回読んで理解をし、(私はまだ1回しか読んでいませんが)更にに二回三回と読み進めるうちに、恐らくですが、お金の正体が分かり、お金を儲ける事の楽しさや、お金を通しての物の見方に変化が訪れるととっても感じました。

 

お金を儲けることは決して卑しい事ではないと強く感じた
お金持ちのお金に対する考え方を私も実践すると強く思った
お金に関する考え方が180度変わった

 

著者が一貫して主張しているのは
「お金を自分の為に働かせる」という事。
この本は買って損はないと思うし、コスパが良すぎる本です。もっと高くても購入する価値は十分あります。私もまた、これから毎日少しづつ読んでいきます。正直、また読みたい本なんてこの世に何冊あるのでしょうか?
この本については別にコーナーを用意し、改めて記事を書こうと思っています。

【中古】 金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 /ロバート・T.キヨサキ(著者),ロバート・T.キヨサキ(著者),シャロン・L.レクター(著者), 【中古】afb

価格:715円
(2020/3/6 13:06時点)
感想(23件)

 

マンガでわかるシンプルで正しいお金の増やし方

山崎元さんの著書です。

 

この本のもとになる単行本「難しいことは分かりませんが、お金の増やし方を教えてください」のマンガ版です。お金を増やすために、まず押さえておきたい要点を6人の登場人物が遭遇した事例をもとに、山崎さん自らが、マンガに出てきて、色々と「目からうろこ」な話をしてくれます。どれも身近に起こるお金の悩みなので、大多数の人に参考になると思います。

 

お金の相談は、お金の専門家に相談してはいけない事を学んだ
お金のことは漠然と捉えるのではなく、理解することが大事だと学んだ
その相場を知り、損得を見分ける法則がある事が分かった

 

ただ読み進めるのではなく、自分で理解して、実際に世の中にある商品を見ながら、計算してみると、世の中これほどの利益を上乗せしているものを、平気で購入しようとしていたのかと思うと、ぞっとします。その会社の利益分まで、自分が働いて返さなくてはならいなんて、(よくよく考えてみれば確かにそうなのですが)なんだか納得がいきません。知らないから、知っている人にお金を搾取され、お金に苦しむことになるのだと痛感しました。私たちもお金のことはもっと丁寧に真剣に学ぶ必要があると感じた一冊でした。※右画像は電子書籍になります

 

いま君に伝えたいお金の話

投資家「村上世彰」さんの著書です。

 

この本はお金の役割や、概念を紹介している書籍です。村上さんの幼少期に自身の値札が好きが高じて、そこから価格差の疑問をもち、社会の仕組みを勉強していったそうです。お金を道具として考える事。決してお金に支配されるのではなく、お金を良きパートナーとしてお金に働いてもらい、世の中のお金の流れを良くすることが村上さんの人生のミッションだそうです。

 

「期待値」という考え方が、今後お金を増やすうえで非常に参考になった
小さい頃からゲームを通してお金の教育をすることが将来のお金に対する豊かな感性を産む
お金は自分を幸せにし、また他人も幸せにすることができる

 

この本で稼ぐ秘訣を勉強するとするなら、「期待値」という考え方がかなり使えると思います。村上さんも秘訣であるとおっしゃられています。あとはやはり先の池上さんやロバートさんが言われている通り、その価値と値段が本当に損しないか、どうかを見極める目を持つことの大事さを説いていました。値段が高いからといって価値があるという錯覚に陥らないためにも、自分の目と頭を使って、本質を見極める必要性を感じた一冊でした。※右画像は電子書籍になります

いま君に伝えたいお金の話 [ 村上世彰 ]

価格:1,320円
(2020/3/8 17:12時点)
感想(27件)

いま君に伝えたいお金の話【電子書籍】[ 村上世彰 ]

価格:1,188円
(2020/3/8 17:13時点)
感想(3件)

 

 

お問い合わせ・感想などはお気軽にどうぞ

 

この記事が役に立ったと思ったらクリックしてください

40歳代ランキング