自分らしい生き方を目指す為に「今」からできる事って?

自分らしく生きられないと毎日つまらないし、つらいし、苦しいし、生きていて面白くないです。その感情に気づき、もがき苦しんで反発しているならまだしも、そのうちそのことを考えることに慣れてしまい、無視したり諦めたりする。そしてそれが当たり前だと思ってしまう、とてももったいない生き方だと思います。

 

せっかくこの世に人間としての生命を与えられたのですから、もっと自分らしさを発揮して自分の人生を生きていく権利を主張するべきです。逆を言えば、もう他人の人生を生きるのは辞めましょうということです。

 

かくいう私も、そういう人間の一人でした。

 

人を大切に思うあまり、自分を押し殺して人と付き合う。
人に悪く思われたくないから、言われた事はなんでも引き受ける。
おとなしい自分を演じる
たたかれるかもしれないから主張しない
ビビっている自分を悟られたくない

 

それは私じゃないのに・・・

 

じゃあそうしている自分は一体誰なの?

 

何のために演じているの?

 

誰になろうとしているの?

 

誰かにそうしろと言われたの?

 

死ぬまでいい人を演じていくの?

 

私もずっと自分の生き方を彷徨っている時期がありました。自己啓発本や脳に関する本を何冊も読んだり、カウンセリングを受けたり、セミナーに参加してみたり・・・思い付いたことはすべてやってきたつもりでしたが、なぜかそれから先もずっと変わらずその想いに苦しめられ続けました。それはひとえにすべて受け身であり、目的がすり替わっていたからでした。

 

つまり、受けた、あるいは読んだことで満足し、それがゴールになっていたのです。

 

読む前、受ける前の自分は今の自分をどうにかしたいと考えていたのに、いつのまにか受けた事、読んだ事がゴールになっていた・・・結局は本や人に依存していたので、本の筆者やカウンセラーの人が言った事を、まるで自分のことのように錯覚し、改善したように見えていただけでした。

 

”自己啓発本は自己啓発しない”と昔どこかで聞いた事があります。

 

これは依存している人たちにとっては正解で、依存していない人にとっては間違いです。

 

これはなんにでも当てはまる考え方だと思いますが、今のこの情報があふれかえっている世の中、情報に左右されて踊らされて、他人のせいにする、もしくはそんな情報を信じた自分を責める人は誤解を恐れず申し上げれば、成長がないと言えるでしょう。

 

自分も含めあなたはそもそもそんな人間ではなかったはずです。

 

もっと自分のフィルターを通して物事を見、それに対して自分で責任を持つのです。それが自分を信じるということにつながっていくのではないでしょうか?

 

これからの人生、行動や考えはすべて自己責任であるという考えを持てば、「どうすればいいのか?」「どうしたいのか?」おのずと答えは出てきます。

 

でも自己責任だからと言って、決して出来なかった自分を責めないでください。それはあまりにも安易な考え方です。受け身と同じ事です。

 

責任を取るということは退陣ではなく、次につなげる行動を取る事です。諦めなければ必ず道は見つかります。

 

トライアンドエラーを繰り返して、輝く未来の自分の為に残せる資産(体験)を少しでも増やしていきましょう。

 

「心と体」

 

そのどちらも大事なことで、人間は本来、素晴らしい能力を身に付けている存在なのです。それを総称して私は「生命力」と呼ぶことにします。心の元気、体の元気、その両輪を駆動して「ありのままの自分」で生きる自信をもち、これからの人生を楽しく豊かに歩む事ができるよう役に立つ情報やマインドをお伝えしていきます。

 

しかし、まず何をするにしても健康でなければ何もすることはできませんし、そもそもやる気が起きません。
病気になっていたり、精神的に不安定な状態で何かをしようとしても、正常な判断が下せず、持続できなくて途中で挫折してしまうことが多々あります。それによって自分を責めてしまい、自己嫌悪に陥る・・・

 

私も精神的に病んでいたときには何もする気にならず、いざ退職してようやく何かをしようと思って色々やってみようとしましたが、すべて中途半端で終わってしまいました。そしてそんな自分を責めてしまっていました。

 

「元気があれば、何でもできる」

 

まずは体を元気に、そしてメンタルをちょっとづつあげていきましょう。


生命力を高める記事一覧

冒頭でもお伝えしていますが、私は人間本来の持つ能力を高めることが大事だと考えています。ここでは特に、健康面からそれを考えていきたいと思います。私たちは、病気になると薬を飲みます。薬の役割は「人間の持つ自己治癒力を助ける」だそうです。ということは人間が本来持っている自己治癒力(免疫力)を高めれば、病気にかかりにくい体質、つまりは健康でいられる期間が長くなるのではないかと考えました。そこで、私がおすす...

私も45歳。年齢とともに、段々と体に衰えが出始めてきています。身体が疲れやすくなったり、シミしわが増えたなーと思います。何より「若い頃はこうじゃなかったのに・・・」と言い始めると、大体何かしらの身体の衰えを感じている時期ではないかと思います。若い頃は、いくら飲んでも、騒いでも、無理しても、次の日には頑張れる体力と、代謝能力がありました。しかし年齢を重ねていくと、どうしてもその無理ができなくなってき...

「今日は何となく調子がいい」「今日はだるい・・・」みなさん、何となくで自分の体調を測っているのではないかと思います。かく言う私もその一人でした。「今までこの身体と何十年連れ添ってきた間柄なので、それくらいのことは分かります」とおっしゃられるでしょう。ですが考えてもみてください。その何十年と連れ添ってきた自分の身体の異変に気付かず、大病を患う方がおられるのも事実です。それはどういうことか?実際は分か...