私がどのようにして「ブログアフィリエイト」を学んでいるのか

ここでは、今の私がいったいどこでどうやって勉強しているのかについてお話します。

 

私は最初から「ブログアフィリエイト」について知っていたわけではありませんでした。

 

当時の私は、物販の副業をしており、そのために時間に融通の利くパートタイマーの仕事に従事していました。しかしその物販も薄利多売をしていたので、月に2万程度の稼ぎにしかならず、ただただ出品作業と梱包作業にくれる毎日でした。

 

ある時、そんな作業に嫌気がさしてきました。

 

仕入れ物販をやっている方なら経験があると思いますが、出品者はしょせん仲介業者であり、商品の製造元の意向に左右される事が多々あります。特に海外からの商品については、品切れ、遅延、税関休み、配送業者のミスなど、こちらではコントロールできないことが数多く存在するので、そのたびにお客様へのサポートが必要になってきます。

 

私はここに不満を持っていました。

 

自分がすべて管理できる副業はないものか?と。

 

そこであれこれ調べているうちに「ブログ」という形態に出会い、ついには「ブログアフィリエイト」に到達することになったのです。

 

そしてそこである方のメルマガに登録し、勉強することにしました。

 

その方のメルマガは以下です。

 

橋本雅アフィリエイト講座

 

私ももう45歳です。今まで様々な業種を渡り歩き、いろんな人と出会ってきました。いろんな本も読みましたし、経験もしてきました。それなりに人を見る目はあると思います。実際に会って話してみれば大体の性格は掴めますが、内面は深くはわかりません。特に、ネットの世界では画像と文字のみの世界で顔はわからないのですが、これが思っているより意外とその人の性格が出てきやすい媒体なのです。

 

私も若い頃にTVでメール的なものができる機器があって、そこで顔は分からないからと色々図々しいことを書いていたら、総バッシングにあった事がありました。

 

そんな私ですが、この橋本さんはかなり苦労されて「ブログアフィリエイト」を習得されていることが分かりましたので、参加させて頂くことにしました。

 

とてもスムーズに言葉を繋げられる方だなぁというのが第一印象です。もちろんコピーライティングをマスターされておられるんでしょうから、朝飯前なのかもしれませんが、コピーライティングは技術であるとはいえ、やはり筆者の言葉の端端に、その人の人柄があふれることがあります。

 

私は直観的な人間ですから、理論的にあーだこーだと説明はできませんが、橋本さんを信じて勉強しようという気がしたので参加しました。

 

今はその橋本さんからのメールとブログで勉強させてもらってます。

 

ですので私の「ブログアフィリエイト関連」の内容はすべて橋本さんから学んだことを元に追記説明なども加えながらお伝えしているものです。

 

橋本さんから学んだことを実践してみて、実際に私が望む結果を得るまでの過程をお伝えしていきます。

 

まだまだ勉強しながらの実践ですので、今はスピードが遅いですが、私のこの作業内容が皆さんの学習の参考や、もしくは勇気になってもらえるなら幸いです。またまだまったく知らない人でも、これならなんかできそうな気がすると思ってもらえるように出来る限り分かりやすく配信していきたいと思います。

 

橋本さんのメルマガは初心者の私でも理解できるようにしていただいてますし、真面目な話ばかりではなく、愉快な話もされてます。

 

橋本さんのプロフィールを見ると、相当ご苦労されてきたことが分かります。それだけ本気でこの「ブログアフィリエイト」を極めようという意思が強かったんだなぁと感じました。それにそれだけの知識とノウハウを持っていますから興味を持たれた方はのぞいてみてください。

 

橋本雅アフィリエイト講座

 

お問い合わせ・感想などはこちらから


私の今の目標(2020年3月2日)

まず、初心者はブログ記事を100記事書くことが目標だと書いていました。それはブログ記事を100記事書くことで、間口を広げ、私に共感してもらえるファンを見つけ出し、獲得することが大事だと書いてありました。なので今は、ブログ記事100記事を目指しています。

 

それがまずは私に与えられた使命であり、実現したい目標です。

 

今までブログといっても長続きしなかったので不安はありますが、今回お世話になっている橋本さんを全面的に信じて、いつか私もブログアフィリエイターになれるようこのブログを続けていきたいと思います。

 

今こうして訪問してくださっている方にもわかりやすく伝えるために、途中経過のブログも発信していきます。橋本さんの教えに従って作業を進め、私の無駄な事や考え方なども、明らかにしていきますのでご期待ください。

現在の私の状況(3月9日)

今現在の私の状況についてお話していきたいと思います。

 

ブログアフィリエイトに出会って、15日が経過しました。しかし、未だに収入は「0円」。まったく入ってきていません。(このブログの趣旨は、ブログアフィリエイトを赤裸々に公開していくことなので、はっきり報告させていただきました)

 

ただここ最近、ブログに力を入れているせいで、身体がきつい思いがしています。少し休もうかなぁなんて思ったりもしています。

 

今までブログを書く(文章を書く)ことに慣れ親しんでいなかったので、普段使っていない頭を使っているからこその疲れであると思います。

 

ただ、ここまで来たからには、やはり毎日続けるべき時期(第一の壁)だと思います。文章を書くスキルも、筋トレと同じで、多少の休息はとっても、やはり毎日続けることが、目指す肉体に近づけるものであると思いますし、橋本さんもそのようにおっしゃっていました。

 

そこで、もう一度、橋本さんから購入したテキストを再度読みなおす事にしました。

 

もちろん、リンクやバナーを貼ってはいますが、そもそもブログを読みに来てくれる読者さんが圧倒的に少ないことが原因の一つではないかと考え、やはりまずは100ブログ記事を書くことを再認識しました。

 

物販でもそうですが、いくらいい商品、売れ筋商品を出品したとしても、それを見てくれるお客さんがいない事には、売れるはずのものも売れません。出品するだけの時間が無駄であると思います。それよりも、どういう媒体で出品するのか、何か関連するセール特集がないかとか、誰かがインスタにアップしていないかとかをマーケティングして、しかるべき場所でしかるべきタイミングで出し、それが需要に見合うものであり、価格であれば、売れない理由はありません。

 

私の場所はここであるので、ここに呼び込む必要があります。それには、興味を引くタイトルや、キーワードを織り交ぜないと、膨大なネットの世界からこのブログを見つけてくださる確率はほぼ0に等しいです。

 

ブログ記事を増やし、あらゆる入り口を作り、読みに入って来てくれる読者さんを増やすことが「今」大切だと感じました。

 

熱しやすく冷めやすい私「おそ」が2週間も続けられたことは、奇跡に近い快挙です。

 

書物を読んだり、橋本さんの教材で勉強したり、感じたことを書き連ねてみたり、毎日この作業を繰り返していましたので、一日一記事が限界でした。

 

ですが、少しづつ、文章を書く事の楽しさが分かってきたような気がするし、ちょっとは文章力も上がったかなって思います。

 

とにかく、今は自己流ではなく、基本に忠実に。トライアンドエラーです。やっていかなくては見えてこない事がたくさんあるなぁと今は強く感じています。

 

やがて、ブログアフィリエイトで収入を得られるようになれた暁には、出し惜しみなくそのやり方をお伝えしていこうと思っています。

 

 

ところで、先ほども書きましたが、「熱しやすく冷めやすい」私が、2週間も続けられた理由はいったい何なのでしょうか?

 

一つは、まず普段から健康に気を付けていることで持続できる身体づくりが出来ているからだと思います。「健康第一」です。

 

ですが、多少健康でなくても、頑張れるのは、やはり精神力です。

 

ここがふらついていると、たとえ健康体であっても、持続できませんし、逆に不健康でも、芯をしっかり持っていれば持続可能です。(ただ、不健康な状態で頑張ると、後で身体から思わぬしっぺ返しを食らいますので、できれば健康体で頑張りたいところです)

 

「精神力」も何か支えがないと、簡単に崩れます。「精神力」へ送るエネルギーは、「怒り」「不満」「期待」「嫉妬」など色々あると思いますが、私の今のエネルギーのもとは

 

「期待」20%
「不満」40%
「根性」40%

 

といったところでしょうか。

 

なにより、ここまで育て上げたブログを簡単に手放したくないという気持ちが芽生えています。

 

ただ最終目標は、あくまでもブログアフィリエイトで自立して稼ぐことにありますから、ビジネスとしてやっていくのなら、そのようなマインドでは達成できない可能性もあるかもしれません。

 

でもやはりトライアンドエラーです。

 

やってみなくては見えてこない世界があるのも事実であるので、試行錯誤しながら、目指すゴールを今一度認識し、これからも作業を進めていきたいと思います。

 

迷ったら、まず初心に戻り、再確認する事が、ぶれずに成長することができる最短コースなのかもしれません。

 

今の自分の状況を、こうして書く事で、客観的に自分を見つめなおすいい機会になったりするのでこの記事を書きました。

 

またいつこの続きを書くかはまだ決めていませんが、また迷ったりしたときに書くと思います。

 

今後ともよろしくお願いいたします。