初心者からはや1か月が経過

 

そもそも楽して稼ごうとは思っていませんでしたが、始めた当初にイメージしていたよりも大変な作業に気が滅入りそうになったります。

 

そして初心者の頃はどうしてもアクセス量(どれだけの方が訪問されたのか)が気になります。

今はそんなものに気を取られてはいけない

そう言われていても、ついつい手が伸びてしまう「アクセス解析」。

 

そして、その結果に肩を落とす日々。。。そしてまた書き続ける。。。

 

購入したテキストもまだすべて読み終わっていないし、お勧めの本もまだ読んでいない。

 

気が付けば、もう一か月が経ってしまった。。。

 

記事も1日1記事出来ていない。

 

それでも、こうして何とか続けられている理由はいったい何だろう?

 

 惹かれた理由を考えてみる

 

私が考える「ブログアフィリエイト」に惹かれた理由について、主に以下の3点です。

 

@自身でコントロールが可能な事

 

A利益のコントロールが可能な事

 

B自身で制作出来る事

 

では順番にご説明します。

 

@自身でコントロールが可能な事

私は以前、副業で物販をしていました。

 

その時に思い知らされたことは、

 

「相手の都合で振り回される実態」でした。

 

つまり、仕入れ先の都合で、(ネット環境のせいなのか)突然品切れしたり、配送にかなりの時間がかかったり、不良品が届いたり、税関がお休みだったりして、そのたびに購入されたお客様への対応に追われる作業に嫌気がさしたのです。

 

もちろんその経験が生きて、同じような状況になった場合には即座に対応でき、自身の成長も感じられたことは事実ではあります。

 

ですが、わたしがそこで感じたことは、他に振り回されず、自分ですべてコントロールしたいという想いでした。

 

とはいえ、自分が何か売れる商品を制作出来るわけでもなく、不満を持ちつつ、物販を続けていました。

 

そんな時に出会ったのが「ブログアフィリエイト」でした。

 

自分自身をブランディングし、自己の商品を開発、販売できる。。。

 

という事は、「自分でコントロールしたい」という私の願望を叶えてくれる、まさに夢のようなビジネスに出会えた瞬間でした。

 

A利益のコントロールが可能な事

また物販つながりで、もう一つの不満は、薄利多売でした。

 

どうしても高額な商品では、先駆者に価格でも信用でも勝つことができないので、低価格で薄利多売による労働を続けて行く事にも我慢がなりませんでした。

 

しかし、この「ブログアフィリエイト」では利益を自分で決められます。

 

薄利多売の泥沼から抜け出し、稼げるのは私にとっては大きな利点です。

 

B自身で制作出来る事

文章を自分である程度好きなようにかけるところもマッチしていました。

 

私は、制作が好きです。今までいろんなものを制作してきた中で、得た体験、それは

 

「心を込めて作ったもの(気持ちが乗ったもの)には制作者の想いが宿る」

 

という事でした。

 

それはジャンルを問わず、料理でも、工作でも、作品でも、どんなものにでもです。

 

逆を言えば、心を込めていないものは想いが宿っていません。経験を重ねるとそれに気づくようになってきます。

 

それに、厳格な父に唯一認められたもの、それが文章を書く事であったことから、文章を書くのが好きになった理由でした。

 

 今の環境を見直してみる

 

<%ブログアフィリエイトをギリギリの所で書き続ける心の心理 %>
人から与えられた道を歩むより、自分で決めた道を歩む事のほうがより苦難を伴うものだと思います。

 

しかし、そこで得るものは、人から与えられた道よりもはるかに大きな知識と経験、そして今までの自分からは想像も出来ないほどの恩恵に預かれるのではないかと思うのです。

 

私は、今までそんな経験をしたことはありません。

 

だからこそ、その世界に憧れ、惹かれて、目指すことを決意したのだと思います。

 

ブログはただ書いている日記というわけではありません。

 

書くまでに至る様々な計画を実行し、ようやく一つの記事(作品)が出来上がるのです。

 

私は現在、パートタイマーですので「ブログアフィリエイト」に使える時間は限られています。

 

しかしそれを挫折の言い訳にはしたくはありませんし、しようとは思っていません。

 

まだまだ、自身の努力が足りない点は認めます。

 

先を急ぎたい気持ちで焦っていると、せっかくの記事が駄作になってしまいます。

 

ブログ制作は「ブログアフィリエイト」のいわば土台作りです。

 

例えば、土台が泥でできている家は、雨風で一気に傾き、流されてしまいます。

 

そんな状態にならないよう、今は土台を作って、せっせと地ならし続けている状態なのです。

 

 今の問題点を洗い出す

 

私が以前のブログで提唱していた「楽して儲けよう」という主張はどこに行ったんだ?と思われた方もおられるでしょう。

 

ですが、ここでは文字通りに捉えるのではなく、作業量の多い現状を起点として

 

「どうすれば今の作業量を楽にし、効率を高めて行けるかを考えれば、儲けることは必然だ」

 

という解釈をしました。

 

「物は言いようだな」と言われるでしょう。そうです。ものは言いようです。否定はしません。

 

今の私の問題点を洗い出してみます。

 

@ブログを書く時間が少ない

 

A1日のブログの数が少ない

 

B一つ一つの作業に時間がかかりすぎる

 

C書きたい欲求が湧かない

 

では、上記の問題点に対する私なりの解決方法をお伝えします。

 

@ブログを書く時間が少ない

私は、以前は、まず購入したテキストを読んでから、その内容を実践すべく、ブログを書いていました。

 

ところが、テキストの内容があまりにも膨大で、内容が濃い為、ブログに充てる時間が少なくなり、ブログ内容の見直し修正もできずにアップしていたことがありました。

 

そこで今回から、その順番を逆にしてみる事にしました。

 

つまり、昨日読んだ内容を今日、思い出しながら実践するというものです。もちろんテキストの内容を100%出し切れるはずはないので、覚えている限り出し尽くしながらブログを書きます。

 

人間の記憶というものは、一晩寝ると、定着するといいます。それを狙うのです。

 

そしてブログが完成した折には、昨日勉強した内容のメモを見直し(メモは重要なところだけ取っているので短時間で見直せます)忘れていた部分を修正します。

 

その繰り返しが、脳みそ的には記憶に残りやすいと思います。ちなみにこの方法は、テスト勉強にも有効です。

 

A1日のブログの数が少ない

現在、1日に1記事も書けていないのが現状です。

 

理想は1日に3記事くらい書きたいのですが、まずは1日1記事を達成することにフォーカスします。

 

そこで、ブログを書く準備を前日にすることにします。

 

次の日に書くブログの内容や詳細設定を前日のうちに決めておき、概要やキーワードもある程度書いておきます。そうすれば次の日はそれに従って書き進めればよいことになり、時間を確保できやすくなります。

 

余った時間で、「ブログアフィリエイト」の教材で勉強したり、本を読んだりして、また次の日のブログの準備を始めます。

 

あくまでも優先順位はブログを書く事なので、勉強の時間と本を読む時間をその書く時間に応じて微調整します。

 

幸いにも、購入した教材はある程度時間を取って読めたので、少し余裕が出来ました。

 

B一つ一つの作業に時間がかかりすぎる

これに関しては、今はとにかく場数を踏むしかないと考えます。

 

答えになっていないかもしれませんが、やはり経験する(インプットした情報からアウトプットを繰り返す)ことが時間を縮める何よりの方法だと考えるからです。

 

もちろん、今現状であまりにも時間がかかりすぎると思われるものが出てくるようであれば、その時には具体策を講じるように努めたいと思います。

 

その内容もまたその時に回答いたします。

 

C書きたい欲求が湧かない

これに関しては、気分を変える事が有効だと思います。

 

いつもいつも気分が乗って書けるわけではないと思います。そんな自分を責める時間があるなら、何か好きなことに行動を移してしまいましょう。

 

 編集後記

 

こうして、私の意見を書きながら、実は自分を戒めている文章を書いていることにお気づきになられたでしょうか?

 

そうです。これは「ブログアフィリエイト」に臨みながらも、うまく波に乗れない方への参考ブログを書いていると同時に、自分自身への戒めと励ましのブログでもあるのです。

 

今回は少し長くなりました。気持ちが乗って書くと長くなってしまうものですね。

 

また、自分に気づきや迷いなど出てくるようなことがあればまたその内容を記事にします。

 

本日も、あなたの貴重なお時間(資産)をこのブログに投資して頂き、感謝致します。

 

ありがとうございました。

 

お問い合わせ・感想などはこちらから

 

この記事があなたのお役に立ちましたらクリックをお願いします

40歳代ランキング