どんな人生を生きたいのか

 

今まで通り、ずっと仕事に従事していたら恐らくこんなことは想いもしないまま、なんだか納得いかない人生と気づきながらも諦め、過ごし続けていたことでしょう。

 

私が考える理想の人生とはどんなものかを考えるにあたって、ここでは「私と仕事」というテーマでブログを書こうと思います。

 

私にとって仕事をする目的とは?

 

生活の為 60%
健康の為 20%
社会貢献 10%
人間関係 10%
その他  0%

 

と割り振りしました。ほぼ生活の為だという事で間違いありません。

 

次に誰に為に仕事をしているのか?

 

自分 80%
家族 10%
仲間 5%
会社 0%
社会 5%

 

と割り振りしました。
私にとって仕事は自分の為にしているという事が分かりました。

 

私は現在、パートタイマーであり、そこまで責任を負ってはおらず、生活の為であり自分の為に仕事をしていることを考えると

 

仕事は副業の為にある

 

と考える事にしました。

 

その理由を詳しく解説します。

 

仕事は戒めであるという話

 

プロフィールを見ても分かる通り、私の人生は転職人生です。それは仕事を戒めとしていたからではないかと考えました。

 

幼い頃から両親の戒め攻撃にさらされてきた私は、無意識に自分には戒めが必要であると感じ、さらにはその戒めを求めるようになってしまっていた気がします。

そんな背景があって、仕事にも戒めが必要だと思い込んでいたようです。

 

しかし、その戒めが解けた時、つまり仕事に慣れて戒めが要らなくなった時、新たな戒めを求めて転職していた・・・その繰り返しが私の転職人生を作ってきた原因だと感じました。

 

そもそも戒めは今の私に本当に必要なのだろうか?

 

もちろん今の仕事に就いた当初は戒めを与えて出勤していましたが、今現在は何も考えずに出勤する事ができています。

 

つまり習慣化されたという事が言えると思います。

 

何も考えずにというのは少々買いかぶりすぎでした。すみません。正確には不要に休むことで負債を負いたくないのと、仕事に行ってしまえば終わるから行こうと思っているというのが正直なところです。

 

なのでたまにふと行きたくない衝動にも駆られますが・・・。

 

戒めは余裕を生まない事実

 

考えれば分かる事ですが、戒めていれば余裕なんて生まれるはずがありません。

 

しかし、私は余裕が欲しいと思っています。

 

なんだか矛盾していますね・・・。

 

そもそも今、私が考える仕事の戒めの定義は、

 

怠惰な自分にならない為
副業の意欲への足掛かりの為
人との関わりを持つ為

 

としています。

 

先にもお伝えしましたが、戒めは自分が想う理想の姿に至るまでの手段であり、自分がこれが理想だと感じれば、戒めは解除すべきです。

 

しかし逆に考えると、余裕が出来れば戒めは消えるのではないでしょうか?

 

それはブログであっても一緒です

 

いつも(営業マンのノルマのように)一日一ブログと戒めて書こうと決めていますが、昨日はアイデアも湧かず、ブログを書くのが苦痛で仕方のない中で書き上げましたので、正直消し去りたい気持ちでいっぱいです。

 

今度、機会を設けて書き直すか、追記して自分の満足がいく内容に仕上げたいと思います。

 

一日一ブログの戒めでは、人間ですからバロメーターが良いときもあるし、悪いときもあります。

 

気分が乗らないのに無理やり書く行為は逆にブログの質を落としかねないですし、そこから初めて訪問してきた方に失礼ではないかと思うのです(すみませんでした)

 

ですから戒めを解く必要があります。

 

そのためには、先ほどもお伝えしました余裕が必要になってきます。

 

そもそも余裕とは何だろう

 

仕事と副業,両立,ブログ運営
調べてみると「余りがある」「落ち着いている」という事でした。

 

「余りがある」これを時間に余裕を持つと捉えてみると、早めに始めて早めに終える必要があります。

 

しかし、現状ブログ記事を書くのに要する時間が長すぎる事を考えると、今よりも早めに始めるしか手段はないのでしょうか?

 

いいえ、まだ改善する手段はあります。

 

新たな知識を身に付けるのです。

 

これは労働者と雇用者の考え方に似ている気がします。

 

労働者は、自分の時間を売ってさらに頑張る事でその成果を得ようとします。しかし、雇用者は知識を身に付ける事で効率化を図り少ない時間で同じ成果を得ようとします。

 

ここで大事なことは

 

自分を環境に合わせるのではなく、自分が動きやすい環境を自分で作る事ではないかと思うのです。

 

それが副業を主とした場合、
仕事は副業の為にあるという考え方につながるのです。(少々強引ではあるかもしれませんが・・・)

 

そのために私が出来る事は早く終わらせる知識を習得する事でした。

 

それでは記事をまとめます

 

人生にも仕事にも戒めを持つことは大事かもしれませんが、いつまでも持ち続ける必要はありません。

 

戒めは余裕を持つことで解消されます。

 

そしてその余裕を得るには、少ない労力で同じ成果を出せる知識を学ぶ必要があるという事です。

 

私は余裕を無くしている自分が嫌いです。

 

ここまで来てこんなことをいうのもなんですが、今のこの便利な世の中を考えてみると、その過去には不自由な生活が土台になっています。

 

つまり不自由だ(不満だ)と感じている間はまだ工夫できる(便利になる)余地が残っていると言えます。

 

それは私のブログ作業に言い換えてみれば、不自由な作業があるからこそ、効率的な作業ができるようになります。

 

そこに更なる労力をつぎ込むか、知識を得て労力を抑えるかは自分次第です。

 

どんな主張でも事実に勝る主張などありえません。事実こそこの世の中の不変のものなのです。

 

その世の中の事実を踏まえて、改めて私が今後、どのようにブログ作業を進めていけばいいかを以下に書き記します。

 

いい記事を書くために、(余裕を加えた)ある一定の時間を設けてその中で記事を書くようにする

 

そのために必要な知識を学ぶ時間や読書の時間も別で設ける

 

(補足)どうしてもブログがかけない時は、日記や今の想いなどを正直に書いてみる

 

大事なことは設ける時間も余裕を加味したもの(制限時間を多め)にする事です。

 

しばらく自分で時間を集計してみて、少しづつ時短が達成できていればモチベーションも上がるでしょう。

 

数字が一番モチベーションが上がりやすいですからね。

 

自分が楽しくなる環境を自分で作り上げる事が出来れば、これまたモチベーションが上がります。

 

今日の記事は脂が乗っています(笑)

 

いい作品を作っているときはワクワクしますし、手も早く動きます。

 

やっぱり私は作る事が好きなんだなぁと再認識した瞬間でした。

 

 

 

本日もあなたの貴重なお時間を割いて最後までご覧くださり本当にありがとうございます。

 

私の脂ののったブログで少しでもあなたのお役に立てれば、それが私の至福の喜びです。

 

お問い合わせ・感想などはお気軽にどうぞ

 

この記事が役に立ったと思ったらクリックしてください

40歳代ランキング