ブログアフィリエイトの作成状況を赤裸々配信

みなさんお気づきだと思いますが、このブログはまだ出来立てで赤ちゃんのような状態です。

 

他のしっかりしたブログに比べたら、本当に薄っぺらいと感じる事でしょう。

 

でも、それでいいんです。それが目的なのです。

 

とにかく、赤裸々に自分の作業を公開して、これからブログアフィリエイトを始めたいという方や、まったく知らない方、さらにはやってみたけど上手くいかない方などを対象に、私が勉強と実践を繰り返して分かったことや、失敗、成功などを赤裸々に公開していくことで、何かお役に立てたり、勇気を与えられたら嬉しいです。

 

 

まず、ここまで作成の過程でスムーズにいったのかというとそうではありません。

 

初めに、私はブログ作成に「SIRIUS」というソフトに出会い、それを使用してブログを作っています。以前は「word press」を使ってブログを作成していたのですが、設定が多くてややこしくて、この設定で正しいのかもわからず、とりあえずブログを書いてはみたものの3記事で辞めてしまいました。理由はとにかく直観的に作業ができないことにイライラしたからです。

 

余談ですが、私は手段に目標を邪魔されてはならないと思います。

 

せっかく” まずはブログを作ろう ”と思っていたのに、設定や、難しい用語などで手間取り、ブログ作成エネルギーをそちらに分散させてしまうなんてもったいないです。

 

「word press」で作成当時は、これしか知らなかったので、とにかくこれで作るしかないと思い込み、ブログ作成エネルギーを無駄に浪費し、気が付けば3記事で、私の第一次ブログ作成時代は幕を下ろしてしまいました。今思えばあっけない最後でしたね。

 

ここで「これしか知らなかった」や「思い込み」は自分の目標達成を阻む、悪の要素であると私は思います。

 

”本当にこれしか道はないのか?”

 

”他に方法はないか?”

 

もし挫折しそうになったら自分に疑問を投げかけてみてください。そこでは出来ればネット検索で回答を得ることはあまりお勧めできません。なぜなら、その疑問に対する回答を持っているのは、何を隠そうあなた自身以外にはないのですから。それに心配事をネット検索に依存してしまうと、その他大勢の意見に翻弄され、自分を見失ってしまいかねません。ネット検索する前に、私はどうしたいかという意思をある程度持ったうえで、別の意見を参考にするという使い方が私はよいと思います。

 

挫折しそうになったら、まずは立ち止まり、じっくり自分に向けて疑問をひたすら投げかけてみてください。

 

 

では本題に戻ります。

 

まず「SIRIUS」を使ってみてとても使いやすいし、直観的に操作でき、素人でもまるでプロが作ったようなブログが作れると感じました。実際、作ってみてブログプレビューを見たときに、驚きと感動に包まれましたし、ますます使ってみたくなりました。

 

やはり手段はこうでなくてはなりませんよね。目標へ向かう自分を後押ししてくれるパートナーであってほしい。決して足を引っ張る存在であってはならない。そう感じた瞬間でした。

 

こうして第二次ブログ作成時代が幕を開けたのです。


ブログアフィリエイト第二章開幕

ここで、前回紹介した「SIRIUS」について少しお話します。

 

「SIRIUS」には通常版と上位版がありますが、他の方のブログを読むと、特に上位版にこだわらなくても問題ないようです。
ただ、今後、「SIRIUS」側が通常版との差別化を図っていく可能性を考慮すれば、上位版を購入しておくとよいかもしれないとのことでした。
後は、お金の問題で、資金に余裕があるかないかで決めて良いと思います。

 

また通常版からのアップデートもありますので、様子見で通常版を購入し、上位版のみの欲しい機能が出た時にアップデートするのがいいと思います。。

ブログアフィリエイト関連記事一覧

ここでは、今の私がいったいどこでどうやって勉強しているのかについてお話します。私は最初から「ブログアフィリエイト」について知っていたわけではありませんでした。当時の私は、物販の副業をしており、そのために時間に融通の利くパートタイマーの仕事に従事していました。しかしその物販も薄利多売をしていたので、月に2万程度の稼ぎにしかならず、ただただ出品作業と梱包作業にくれる毎日でした。ある時、そんな作業に嫌気...

ここではブログを開設するまでの経緯を順を追ってご説明いたします。そもそも「ブログアフィリエイト」とは何?まず「ブログ」と「アフィリエイト」とに言葉が分けられます。「ブログ」は、いわばネット上の日記のようなもので、「ツイッター」や「フェイスブック」「インスタグラム」と同じようなものになります。ちなみに「ブログ」の語源をウィキペディアで調べてみると、「webをlogする」つまり世界中に張り巡らされたネ...

ブログを始めて3週間を過ぎました。思うように記事がかけないことに焦りが感じられ始めましたので、初心に帰るために、自分でブログを始めるきっかけを書きたいと思います。ブログとの出会いは、随分昔の事ですが「MIXI」がきっかけでした。その当時、「MIXI」が全盛期でした。が、やっている人から紹介してもらわないと入れないらしく、特に気にもしていませんでした。ところが、あるバイト先で、「MIXI」をやってい...

 初心者からはや1か月が経過そもそも楽して稼ごうとは思っていませんでしたが、始めた当初にイメージしていたよりも大変な作業に気が滅入りそうになったります。そして初心者の頃はどうしてもアクセス量(どれだけの方が訪問されたのか)が気になります。今はそんなものに気を取られてはいけないそう言われていても、ついつい手が伸びてしまう「アクセス解析」。そして、その結果に肩を落とす日々。。。そしてまた書き続ける。。...

 ただ書き続ける事に疑問を持ち始めた時ただ闇雲に書き続けていれば目標である100記事は諦めなければ到達できるでしょう。もちろん、その記事一つ一つにも読者の為になるように惜しげもなく情報を提供できるよう分かりやすく書いているつもりです。私は二か月弱でまだ30記事ほどしか書けていませんが、ここ最近、毎日迷走しています。「本当にこのまま突き進んでいて良い結果が得られるのだろうか」と。こうして悩む前は、と...

 習慣化に脳の働きを取り入れてみる昨日のブログの続きを書いてみようと思います。習慣化は身体でするものであるとお伝えしました。私の場合は「ブログを書き続ける事」これを習慣化していきたいと思っています。ところで、習慣化するという事は、脳が身体に覚えさせ、脳はその分野から撤退している(考えなくてもできる)という状態であるようです。脳はどうも基本怠けものらしいです。脳が怠け者であるならば、いっそのこと怠け...

再スタートを切る事に決定また、ブログを続ける事に悩んでいました。このブログの本質である”お金を稼ぐ”にコミットしていなかったからです。始めた当初はブログで稼ぐことを夢見て意気込んでいました。しかしふたを開けてみるとこの有様・・・。自分の商品も開発できず、昨晩は人知れず一人お風呂で静かに泣いていました・・・。そして迎えた今日思い切って再スタートを切る事にしました。きっかけはディズニー映画最近、娘たち...

心を失うことは愚かな事だ今日も仕事をしてきて前回のブログで決めた通り「適当に仕事をする」を実践してきました。出来るだけ動くことを少なくして、自分を急かさないように気を付けてきました。いつもは忙しい職場なので気を張って自分を急かしてきたのですが、今日は努めて冷静に行動するように心掛けました。昨日の落ち込みからの復活劇から学んだことは、「心を失うほど働くな」という事です。皆さんご存じの通り、忙しいとは...

進む方向は間違っていても構わない今日はこのテーマで記事を書こうと思ったのですが、うまく文章の段取りを組むことが出来ず、しかしどうしてもお伝えしたい想いであったので、見切り発車で書き出すことにしました。私は現在、ブログ記事がもうすぐ50記事になろうとしています。今の所の目標は50記事であったのでもうすぐ目標に到達します。次の目標は60記事です。このまま続ければ7月内には100記事に到達する予定です。...

どんな人生を生きたいのか今まで通り、ずっと仕事に従事していたら恐らくこんなことは想いもしないまま、なんだか納得いかない人生と気づきながらも諦め、過ごし続けていたことでしょう。私が考える理想の人生とはどんなものかを考えるにあたって、ここでは「私と仕事」というテーマでブログを書こうと思います。私にとって仕事をする目的とは?生活の為 60%健康の為 20%社会貢献 10%人間関係 10%その他  0%と...

ブログがなかなか進まないブログに関してやりたい事が多すぎて頭がパニックになり、思考停止してしまいました。今までのブログ構成の見直し、SEO対策、文章構成、時短方法など考え出すとこのまま突っ走っていていいのだろうかと疑問が湧いてきました。そこでここでは自分がここからどうやって抜け出すかを書き出しながら考えていきたいと思います。理想のブログ体制を考えるまずはこうありたいという理想のスタイルから考えてい...

私のミッションとは何だろう?昨日、テレビ録画していた「ミッションインポッシブル・ローグネイション」を観ました。以前も観たことはあったのですが、たまたまテレビでやっているのを見つけて、どんな内容だったか忘れていたのでもう一度観てみようと思ったからでした。今回改めて観てみると、厳重に保管されたデータを盗むという困難な任務に果敢に挑むイーサンハントの姿に心打たれました。特に、その困難な任務挑戦を決めた時...